こんにゃくダイエットの効果

うわさのこんにゃくダイエットについて

「ダイエット」というと、皆さんにとって大変興味深い言葉ではないでしょうか。
特に女性には身近な言葉だと思います。
「痩せて綺麗になりたい」「洋服をかっこよく着こなしたい」「健康的になりたい」など目的はなんであれ、共通的な思いはありますよね。
ダイエットの方法として食事制限や、運動をイメージされる人は多いと思いますが、「空腹に耐えられない!」「運動は続かない!」などなど。
一度はダイエットに挫折した経験はありませんか?
私はあります…何度もあります…((+_+))。
それに、食事制限は食べていなかった反動で、結局ドカ食いしてしまいリバウンドしてしまうケースが多いです。
体重を落とすことに成功しても、老けて見えてしまったり、やつれて見えてしまったらもったいないですよね。
誰しも「健康的に痩せたい」ということは理想だと思います!
そこでおすすめしたいダイエットは「こんにゃく」。
普段の食生活の中にこんにゃくを取り入れるようにしてダイエットをしていくという方法です。
こんにゃくは美肌効果があったり、便秘予防の働きがあったりと意外と知られていませんが、万能な食材なのです。
ゆっくり着実に綺麗に痩せていくために、普通の食事を取りながらダイエットしていく方向で考えてみてはいかがでしょうか。

こんにゃくダイエットに使われる主成分について

「こんにゃく」=ダイエットのイメージはありませんか?
なぜこんなにもこんにゃくが評価されるのでしょうか。
それは、こんにゃく自体のカロリーがほとんどゼロで、主成分のグルコマンナン、カルシウムが豊富に含まれていて、「健康的」にダイエットができるという魅力があるからなのです。
ここで気になるワードの「グルコマンナン」とは?
グルコマンナンは食物繊維が含まれている上に水溶性のため、水を含むことによって膨れるという性質があることが分かっています。
ですから、こんにゃくダイエットをするときには、食事をする前に水を飲むと胃の中で膨れて膨張し、より満腹感が得られます。
満腹感が得られると、普段の食事の量を減らしたり、カロリーの過剰摂取も防ぐことができますね。
また、グルコマンナンが膨れると、腸にある便の量を増やし、腸壁を刺激するため、便秘が解消されるということにもつながります。
他にも、ダイエットすると不足してしまいがちなカルシウムも含まれているために、骨もスカスカにならず、体の内側から綺麗にダイエットすることが可能となるのです!
このように、こんにゃくダイエットにはさまざまなメリットがありますが、
「こんにゃくを食べているから…」「もうちょっと食べても平気かも…」などなど油断してしまいがち。
普段食べる量を変えずに、注意して食事するようにしましょうね。

こんにゃくダイエットのパワー

こんにゃくダイエットの鍵を握るのは、こんにゃくの主成分である「グルコマンナン」に秘密があることは分かっていますが、グルコマンナンのすごさはダイエットだけに限りません。
メタボなお父さんたちにも必見!の、特別な効果があるのです。
グルコマンナンは摂取されたのち、腸内で弾力がある塊に変わっていきます。
この塊に変わるときに、コレステロールや脂肪分も塊の中に取り込み、そのまま便として外に排出してくれるため、中性脂肪、コレステロール値といったものを抑え、成人病の予防、生活習慣病の予防といった効果が期待できます。
またこのときに、発がん性物質なども一緒に排出してくれるということも分かっています。
また、以上のような効果の他に、こんにゃくにはホルモンの分泌を促してくれため、
ブドウ糖とこんにゃくという組み合わせによってインシュリンという成分が分泌される量が、増えているということも期待できるようです。
これにより、血糖値が正常に戻るような機能にもつながります。
また、インシュリンには糖尿病の予防にも効果があるのでは?といわれています。
ただし治療ではないので注意してくださいね。
このように、こんにゃくにはダイエット以外にも万能な役割があります。
知っておいておくだけでも、得ですよね。

こんにゃくダイエットに使われるこんにゃくについて

「こんにゃくダイエット」をしようとお考えの方は、ぜひこんにゃくのことを知っておいていただきたいので、ご紹介したいと思います!
カロリー:100g辺り5kcal
こんにゃくにはグルコマンナンという食物繊維が含まれているために、数キロカロリーはあるということが分かり、科学技術庁から発表された日本食品標準成分表には板こんにゃくは5キロカロリーと表記されているようです。
さまざまな食材の中でも群を抜いて低カロリーのため、ダイエットには最適なのが分かりますね!
栄養素:グルコマンナン、カルシウム
この中でも注目したいのは「グルコマンナン」です。
食物繊維が含まれている上に水溶性で、何よりコレステロールが高い人、高脂血症の人の血液を正常な状態に戻してくれるという働きがあるのです。
しかも、こんにゃくを食べすぎたからと言って、コレステロール値が下がりすぎる心配もないと言うことなので安心して摂取してくださいね。
調理法:おでん、煮物、豚汁など
こんにゃくにはさまざまな種類がありますが、板こんにゃくを調理する際には切るよりも手でちぎると味がしみ込みやすくおすすめですよ。
簡単ではありますが、以上がこんにゃくについての説明となります!
ぜひ参考にしてみてください。

こんにゃくダイエットに効果がある成分

こんにゃくは低カロリーな食材として知られていますが、それだけではありません。
ダイエットに最適な秘密は栄養素なんです!
こんにゃくはもともとこんにゃく芋から作られています。
この芋に含まれているグルコースとマンノースからなっているものが、主成分のグルコマンナン(こんにゃくマンナンとも呼ばれる)という成分です。
このグルコマンナンという成分が「キレイに痩せる」重要な役割を果たしているのです!
この成分自体は、水溶性の食物繊維なのですが、こんにゃくを作る過程において、別の成分と組み合わせることにより非水溶性の食物繊維になります。
そのため体内に入っても吸収されず、そのまま腸に流れていき、大腸を刺激するために便秘解消にもつながるのです。
また、脂質や糖分や塩分などの体内への吸収をさせないように抑制することができる上に、血糖値やコレステロールなどの低下にも大いに役立つので、高血圧や糖尿病などにも効果が期待できる素晴らしい食材なのです!
ダイエット効果だけでなく、メタボなお父さんにも知っておいていただきたい情報ですね。
また、皆さんのイメージ通り、カロリーも100gで、5キロkcalと肥満の方やダイエットをしている方にとって力強い味方です!
ですから、調理方法や、食事方法さえ工夫すれば健康的に痩せることが可能なのです。
「ダイエットをしよう!」とあまり気張らず、気楽に取り組めるのもこんにゃくダイエットの魅力です。

こんにゃくダイエットの力について

「夏のシーズンで水着を着たい!」「友達のパーティーでドレスアップ!」など、さまざまな場面で体重って気になりませんか?
女性にとってダイエットとは永遠のテーマではないかと思います。
では、こんにゃくダイエットとはどういったパワーが秘められているのでしょうか。
まず、「こんにゃく」といえば低カロリーのイメージを持っている人も多いと思います。
100gに対し5kcalと、食材の中でも脅威の数字です!
この低カロリーを利用して肥満を解消していくのに利用できます。
カロリーを抑えるということは、「肥満の予防」につながり、体重を健康的に減らすことが可能になるのです。
肥満というのは恐ろしいもので、コレステロールや中性脂肪の数値が高いという傾向にあるため、動脈硬化を誘発させてしまう危険性もあります。
しかし、ダイエットの難しいところは無理して痩せようとすると、逆効果になってしまうというところなのです。
何も食べない食事制限、偏った食事の単品ダイエットなどは栄養バランスが崩れてしまい、肌がボロボロ…老けてみえてしまったりと良いことは何一つとしてありません。
さらには悪化していまうと、栄養失調になってしまうケースもあるのです。
ですから、こんにゃくの他にも

野菜や肉、果物、魚など調理法を工夫してバランスよく摂取することが大切です。
こんにゃくのパワーを理解したうえで、上手に付き合っていきましょう!

こんにゃくの効果はダイエットだけではない

こんにゃく=ダイエットのイメージはありませんか?
確かに100g辺り5kcalととても低カロリーな食材です。
しかし、こんにゃくの効果はそれだけではありません!
「あまり栄養がないのでは?」と思われがちですが、健康に対しても効果があると言うことが分かっているのです。
こんにゃくはグルコマンナンという食物繊維が大部分を占めています。

グルコマンナンという成分は、水に溶けるという性質をもっていますが、こんにゃくを作る際に、他に水酸化カルシウムを入れることで、グルコマンナンが水酸化カルシウムの周りに集まるようになって粒子になり、結果的に非水溶性の性質を持つことになります。
ですから、こんにゃくは水溶性の食物繊維だけではなく、非水溶性の食物繊維も備わっている食材になるのです。

この2つの食物繊維が腸の働きに大きく貢献するのです。
まず、水溶性の場合は腸の壁を小さい粒子で覆ってしまうために糖質などが入ってきても吸収させないという性質があります。

次に、非水溶性の場合には塊として腸内に入り、腸の刺激をしますので便秘の解消などに役立ったり、排出される際にコレステロールなども一緒に排出させてくれたり、健康な体作りにとても役立つするという性質を持っているのです。

このために、腸内の環境を正常に整えることができたり、善玉菌の活動を助けるようにしたり体の中からキレイにしてということになります。

だからといって、こんにゃくだけを単品で食べるのは、栄養バランスも偏りますので注意です!
肉や豆腐などのたんぱく質、野菜のビタミンなども一緒に摂取しておいしく楽しくダイエットしましょう!

こんにゃくダイエットはすごい!

「食事制限…はぁ…ストレスが溜まる」
「運動…理由をつけて休もうか…」
どれも続かず嘆いている人はいませんか?
こんにゃくダイエットは、簡単であるということ、手に入りやすく値段も安い食材なので続けられやすいということ、徹底的にやることができるということで継続できるという人が多いようです。
ただ、こんにゃくダイエットの壁は味に飽きやすいということ!

こんにゃくという食材は、独特のクセやにおいがあるため、この食材をどうやって料理に取り入れていくかが課題になってきます。
克服方法としては、こんにゃくの種類(板こんにゃく、糸こんにゃく)を変えてみたり、形を変えて色々な具材に混ぜ込むようにしてみたりとさまざまな工夫をしてみましょう!
しかし、この独特の風味は、料理の3割以上入れてしまうことで味に影響が出てきてしまうので、量を調整して料理の具材として取り入れていくことが重要です。

例えば、ハンバーグなんかにこんにゃくをみじん切りにして入れてみてください。
量が増えるし、味は変わらないし、カロリーを抑えることもできいいこと尽くめだと思います。
単純に考えて、こんにゃくはカロリーゼロですから、最大3割のこんにゃくを使った場合、3割のカロリー減ということになるはずです。
こうやって考えると、料理するのも、食べるのも楽しくなってきますね!
ぜひぜひお試しください(^v^)

こんにゃくは食べても太らない?

ダイエット食品として浸透してきた「こんにゃく」ですが、本当にいくら食べてもこんにゃくは太らないのでしょうか?
こんにゃくは、100gあたり5kcalと非常に低カロリーの食材として人気があります。
しかも、主成分であるグルコマンナンという食物繊維が胃の中で膨れるので、満腹感を味わうことも出来るのです!
さらにその食物繊維は、腸の働きにも一役買っているために、体外に不要なものを排出してくれるというデトックス効果も期待できるため、ダイエットの味方であるということが分かります。
しかし、いくらダイエットに適した食品でも食べ過ぎは良くありません。
食べ過ぎてしまうと、体がミネラルを吸収するのを阻止してしまう可能性がでてきてしまうのです。
ですから、煮物に入れたり、和え物で和えたり、細かく刻んでご飯に混ぜたりとちょっとしたものにプラスして、適量を摂るようにしましょう。
またダイエットをする上で一番に重視しなければいけないのが、「健康的に痩せる!」ということです。
過剰なダイエットは美しい肌や髪の毛も崩壊させたり、ホルモンバランスを崩してしまったりと体に悪いことだらけです。
なので、こんにゃくダイエットをする際にも、栄養のバランスをしっかり考えて、体の内側からも外側からも「キレイに」ダイエットをしていけるように心がけましょうね(^v^)
こんにゃく料理に悩んだら、インターネットで調べたり、料理本を参考にしたり、市販品に頼ってみたりと工夫して継続していきましょうね~。